妊娠中に必要なビタミン

サプリ

必要摂取量を守ればOK

葉酸は妊娠初期に摂取することが重要と言われている、おすすめのビタミンです。現在は厚生労働省も妊娠中に毎日摂取することを呼びかけています。その理由は妊娠初期に葉酸を摂取することで、赤ちゃんの細胞増殖を正常に機能させることができるからです。葉酸は遺伝子の成分である核酸を作るために必要不可欠で、不足すると正常に細胞増殖が行われず、胎児に神経管閉鎖障害を起こさせるリスクが高まります。特に妊娠初期である7週目までに葉酸が不足すると危険ですので注意しなければなりません。しかしながら、葉酸は緑黄色野菜を始め、様々な食材に含まれている栄養素です。厚生労働省が妊娠中の摂取をおすすめしているのには理由があるのです。それは葉酸というビタミンの性質が深く関わっています。葉酸は体に吸収されにくい上に、水に溶けやすく、熱にも弱い性質を持っています。つまり、食材を調理する過程で大半が失われる可能性があることになります。そのため、厚生労働省は普段から意識して葉酸を摂取するようおすすめしているのですが、妊娠中の一日の必要摂取量は多いです。厚生労働省が推奨している一日の必要摂取量は、妊娠1ヶ月前から3ヶ月までの間は毎日400μgと定められています。しかし、この量を食事から摂取するのは大変ですから、サプリメントで摂取する必要があります。このとき、気を付けなければならないのは、サプリメントによる葉酸の過剰摂取でしょう。1日の上限は1000μgと決められており、これを上回ると、食欲不振、吐気、むくみ、不眠症といった副作用が怒るリスクが高まります。また、赤ちゃんにも悪い影響が出ると言われているので、必ず葉酸をサプリメントで飲む場合は一日の必要摂取量を守りましょう。使用法と摂取量を守っていれば、サプリメントの利用は全く問題なくおすすめです。